top of page

なかよん・赤坂氷川祭ハイライト2(9月16日宵宮巡行)

更新日:2022年12月15日

祭り二日目の夜は宵宮巡行といって、赤坂の夜を赤坂自慢の山車、そしてそれに当町会のだしが続きました。

18:00に一ツ木通りにある土橋園というお茶屋さんからスタートして、田町通りをぐるりとまわって18:45に、一ツ木通り、千代田線赤坂駅2番出口のあたりに到着。

そして19:00に再びスタートして、我が赤坂通りを通り、赤坂五丁目交番へと向かいました。


最大高さ7メートル、ビル3階の高さ?

赤坂が誇る山車。


赤坂の山車は歴史が古く、江戸時代にはすでにありました。当時は13体の人形があったそうですが、現在、赤坂氷川山車保存会にて保存されているのは9体です。江戸型山車と呼ばれるもので、徳川将軍の上覧に際して、城門をくぐるのに、人形を下げておりました。今では、街中に張り巡らされている電線をくぐる際に上下させます。


それで、この写真を見てください。

横にある建物の3階あたりに人形の高さがあります。


このとおり、上から下までおさまりません。


そしてその後に続く、

当町会の町会山車。映えますね~。


氷川山車のあと、赤坂


通りを巡る、当町会の山車です。

茜囃子は絶え間なく演奏します。そして今年は当町会自慢の町会神輿を山車に乗せて巡行しました。

夜の街にゴールドが映えます。

聞くところによると、当町会の神輿は町会所有の神輿としては大きな方だそうです。

重さ、どれくらいあるのでしょうか?宮神輿ほどではありませんが、これもかなり重いです。




当町会の神酒所にてお出迎え。

一本〆をしていただきました。


氷川山車と町会山車は一旦当町会の神酒所前で止まります。そして三本〆をしていただきました。


最後に、赤坂五丁目交番前→日大三高通り

赤坂5丁目交番は、NHKの朝ドラ「ひよっこ」で「赤坂五丁目派出所」勤務のお巡りさんが登場しましたが、実在します。ここでいったん小休止です。 それにしても、赤坂の夜は明るいですね!この写真、少しばかり明るめに補正しましたが、元から大体このくらいの明るさです。

そして、日大三高(かつてあった、現在は鹿島建設があります)通りを経て、氷川神社へと向かいました。







閲覧数:32回0件のコメント

Comments


bottom of page